タピオカの飲み過ぎで病院搬送された14歳の少女、体内から未消化のタピオカが100個以上発見される

Photo By Shutterstock

文:岩見旦

若い女性を中心に、ブームとなっているタピオカミルクティー。もちもちの食感が人気を呼び、街中の専門店には長蛇の列が作られている。

しかし、そんなタピオカブームに横槍を入れるニュースが舞い込んできた。

腹痛を訴えた少女の恐ろしいCTスキャン

AsiaOne』によると、中国東部の浙江省出身の14歳の少女は、5日間も腹痛と便秘を訴えていたという。食事を取ることもままならなかった少女は5月28日に、両親に連れられ、地元の病院に行った。

診察した医師たちはCTスキャンで少女の腹部を撮影すると、少女の胃や腸の中に100個以上のつぶつぶの丸い影が発見された。これらは、消化されていないタピオカだ。

少女は「5日前に1杯だけ飲んだ」と説明しているものの、両親から言われて真相を隠しているのでは、と医師たちは疑っている様子。治療にあたったチャン・ルージン医師は、『The Paper』に、これほど深刻な症状になるには、かなりの量のタピオカを長期間にわたって摂取する必要があるだろうと明かした。

また別の医師はインタビューに、タピオカはデンプンから作られており、体内で消化しにくい場合があると指摘した。タピオカは粘着剤や防腐剤などの添加物が加えられているものがあり、継続的に摂取すると胃腸障害を引き起こす可能性があるとのこと。幸い、少女は便秘を解消する下剤を処方され、現在は退院しているという。

過去には、革靴と古タイヤから作られたタピオカも

今回と似たニュースは以前も話題となった。2015年、中国山東省の東部にある青島市で販売されていたタピオカには、驚くべきものから作られていたと報じられた。

HKFP』によると、ある店のタピオカミルクティーを飲んだ女性が、近くの病院でCTスキャンを受けたところ、胃の中におびただしい数の未消化のタピオカが映ったという。地元テレビ局の記者がタピオカの販売店の担当者に取材したところ、「タピオカはすべて化学工場で作られており、端的に言えば、革靴と古タイヤから出来ている」と白状したという。専門家は、このタピオカを飲むと「腸閉塞になる可能性がある」と警報を鳴らした。

どんなタピオカフリークでも、命を危険に晒してまで飲みたいとは思わないだろう。今後タピオカをストローで吸う時、少し緊張感が走りそうなニュースだ。

あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る 2019年6月14日の経済記事
「タピオカの飲み過ぎで病院搬送された14歳の少女、体内から未消化のタピオカが100個以上発見される」の みんなの反応 17
  • 匿名さん 通報

    オレの知らないタピオカドリンクの世界…

    19
  • 匿名さん 通報

    金儲けのためなら人の命も関係ないって感じだね。怖すぎる。

    10
  • 匿名さん 通報

    日本でよかったね。でもよく見るとこの写真は明らかに嘘みたい、普通はそういう事があっても、胃にたまるはずなんのに、全身にたまるはありえないですね。

    10
  • 匿名さん 通報

    死ぬほど鳥肌たった。

    9
  • 匿名さん 通報

    タピオカ噛まずに飲み込んでるの?? 普通は噛んで飲み込むからこんな事にならないけどね…

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。