NTT、聖火ランナーを募集。東京五輪に向けた取り組みや、次世代につなぐレガシーに注目

文:岩見旦

「東京2020オリンピックプレゼンティングパートナー」のNTTは20日、聖火ランナー募集開始の記者会見を都内で開催。

女優の石原さとみさんのほか、ラグビーの羽野一志選手、ビーチバレーの長谷川暁子選手、水泳の山田拓朗選手などが登場した。

NTT、聖火ランナーを募集。東京五輪に向けた取り組みや、次世代につなぐレガシーに注目

会見の様子

東京五輪ランナー、締め切りは8月31日

NTTは聖火リレーのテーマに「CONNECTING WITH HOPE ひとりひとりの、希望の光をつなぐ」を掲げ、東京オリンピック2020聖火ランナーのランナーを募集。6月24日から8月31日まで、特設サイトなどから応募できる。

提出された志望動機など応募者の情報を元に、地域の有識者を含むNTTの選考委員会で選考。最終的なランナーは、東京2020組織委員会での選考過程を経て決定し、12月以降に通知される。

東京2020聖火リレー公式アンバサダーの石原さんは「47都道府県、時間が許す限り全国を回りたい。そこで心をつないで、通信テクノロジーを通じて多くの人に伝えたい」と想いを述べた。

NTT、聖火ランナーを募集。東京五輪に向けた取り組みや、次世代につなぐレガシーに注目

石原さとみさん

「5G」やセキュリティ対策など東京五輪への対策

続いてNTTの澤田純社長は、東京オリンピック・パラリンピックへの貢献と、2020年の先を見据えたレガシー、あらゆる社会的課題をスマート化により解決する「スマートワールド」の実現へ向けた最新の取り組みをプレゼンした。

まず東京オリンピック・パラリンピックへの貢献として、五輪初の高速・大容量の「5G」を用いた商用サービスがスタート。観客や訪日外国人に向けたインフラの整備やプロモーションなどを行う。オリンピックスタジアムと東京スタジアムでは、世界最高水準の高密度のWi-Fiの提供を目指し、現在工事中。澤田社長は「約70席に1台のWi-Fiアンテナがあり、半数が同時にストリーミング動画を見られる」と語った。


あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る 2019年6月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。