20年後も残るウェブメディアを。アーカイブにこそ価値がある|藤本智士(編集者)

20年後も残るウェブメディアを。アーカイブにこそ価値がある|藤本智士(編集者)

ローカルメディア、オウンドメディアがどんどん生まれている。ただ、目的が不明確だったり収益がうまく得られなかったりして、残念ながら終了するケースもある。人の役に立つ、面白い情報を届けたいという思いは、メディア担当者に共通のものだと思う。しかし立ち上げるのは簡単でも、続けるのは難しい。本当に。

ウェブメディアは今後どう残っていくべきなのか。そのヒントを得たくて、有限会社りす代表・編集者の藤本智士さんにお話を聞いた。藤本さんは広告のない雑誌『Re:S』や、秋田のフリーペーパー『のんびり』、ウェブメディア『なんも大学』などを編集してきた。

著書『魔法をかける編集』の中で、藤本さんはこう書かれていた。

「なんも大学」の読者は、極端に言えば、何十年、いや何百年も先に「秋田」を知りたいと思った人です。(藤本智士『魔法をかける編集』インプレス,p211)

こんな長いスパンでウェブメディアを作ろうとする人を、他に知らない。

話を聞く中で見えてきたのは、アーカイブすることの価値。そしてそれがウェブにこそ向いているかもしれないということだった。

聞き手・文:平田提 写真:佐伯亜由美

藤本智士(ふじもと・さとし)

編集者・有限会社りす代表

1974年兵庫県生まれ。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、ウェブマガジン「なんも大学」の編集長に。自著に『魔法をかける編集』(インプレス)、『風と土の秋田』(リトルモア)。写真家の浅田政志氏との共著『アルバムのチカラ』(赤々舎)。編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。
http://re-s.jp/


あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る 2019年7月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。