VRが人類に激変をもたらす理由。それはもはや「鑑賞」ではなく「新たな現実」だ【ブックレビュー】

神保慶政

映画監督

1986年生まれ。東京都出身。上智大学卒業後、秘境専門旅行会社に就職し、 主にチベット文化圏や南アジアを担当。 海外と日本を往復する生活を送った後、映画製作を学び、2013年からフリーランスの映画監督として活動を開始。大阪市からの助成をもとに監督した初長編「僕はもうすぐ十一歳になる。」は2014年に劇場公開され、国内主要都市や海外の映画祭でも好評を得る。また、この映画がきっかけで2014年度第55回日本映画監督協会新人賞にノミネートされる。2016年、第一子の誕生を機に福岡に転居。アジアに活動の幅を広げ、2017年に韓国・釜山でオール韓国語、韓国人スタッフ・キャストで短編『憧れ』を監督。 現在、福岡と出身地の東京二カ所を拠点に、台湾・香港、イラン・シンガポールとの合作長編を準備中。

http://y-jimbo.com/index.html

VRの未来を知るキーワードは「プレゼンス(実体感)」

新しい技術が導入されるとき常に問題となるのが、古きものが駆逐されていくことだ。VR(ヴァーチャル・リアリティ)が人間社会にもたらすインパクトも例外ではない。ピーター・ルービン『フューチャー・プレゼンス』(ハーパーコリンズ・ジャパン)は、VRがもたらす破壊と、その代わりに得られる未来像を描いている。

WIREDのライター兼エディターの著者は、本書の題名にも含まれているプレゼンス(実体感)というキーワードをもとにVRの様々な魅力を紹介していく。


あわせて読みたい

気になるキーワード

FINDERSの記事をもっと見る 2019年8月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。