イカの脳は犬の脳と匹敵することが明らかに。さらに、デザートのために食事をセーブする自制心も

Photo By Shutterstock

文:coolpolaris

寿司や天ぷらなど、日本人が最もよく食べる魚介類として知られるイカ。このイカに関する驚きの研究結果を、オーストラリアクイーンズランド大学の研究チーム(QBI)が発表した。

イカの脳は犬の脳と似ているというのだ。

イカと犬のニューロン数は猫の2倍

この研究は、2種類の高解像度MRI検査と染色技術を使用して、アオリイカの複雑な神経回路をマッピングして調べたもの。これにより、すでに知られている282の主要経路の99%以上を確認することができ、145の新たな神経経路を発見したとしている。

QBIの神経生物学者であるウェン・ソン・チョン氏は、「イカなどの頭足類は複雑な脳を持つことで知られており、それは犬に近い。ある種の頭足類は、5億個以上のニューロンを持っている。ネズミは2億個、正常な軟体動物は2万個程度なので、イカはそれらをはるかに凌駕する」と語る。

では、犬の実際のニューロン数はどのくらいなのだろう。これに関しては、2017年12月に学術サイト『Frontiers in Neuroanatomy』に掲載された研究が参考になる。米ヴァンダービルト大学教授の神経科学者、スザーナ・エルクラーノ=アウゼル氏ら、6カ国の学者が携わった研究だ。発表では、「大きさ・犬種の異なる2匹の犬の脳から、およそ5億個のニューロンが見つかった」としている。つまり、チョン氏が言うように、犬のニューロン数はイカのそれと同数だ。ちなみに、これは猫の2億5000万個の2倍に相当する。


あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。