「N高」1期生のスーパー10代がオックスフォード大のサマープログラム、米国留学で得た、日本の将来を明るくするヒント

もし、あなたが中学生の頃に「行きたい高校がない」「高校に行く意味がわからない」と思ったら、どんな行動をとっただろう。親に言われるままとりあえず高校に進学したはいいが、ドロップアウトし、フリーターもしくはニートになる。といったよくあるコースを辿るかもしれない。

それは、中学、高校、大学へと進み、就職するという定型のレールから脱線するのを恐れるあまり、視野が狭くなって多くの選択肢を持たないからだろう。

今回は、そんな定型のレールには乗らず、中学3年生で日本を飛び出し、自らの意思で道を切り拓いてきた型破りな19歳の冨樫真凜さんを紹介したい。

取材・文・構成:庄司真美 取材協力:Study Night Fever

冨樫真凜

Seabrook合同会社代表取締役 N高1期生卒業生

1999年新潟生まれ、大阪、東京育ち。中学2年生の頃、ドラッガーの本を読んで影響を受ける。14~16歳まで、ニュージーランドに留学。帰国後、角川ドワンゴ学園が2016年に創立したオンライン校「N高等学校」に1期生として入学。コーチングに基づいたさまざまな教育やプログラムを経験。2018年8月、同校のカリキュラムとして、英オックスフォード大学のサマープログラムやアメリカへの留学を経験。卒業後は、理想と現実の剥離のない幼稚園の創設を目指して活動中。

「N高」1期生のスーパー10代がオックスフォード大のサマープログラム、米国留学で得た、日本の将来を明るくするヒント

現在、19歳のN高1期卒業生の冨樫真凛さん。第一回卒業式では在校生代表を務めた。

中学卒業を待たずにニュージーランド留学を決行!


あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る 2019年1月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。