バーチャルオフィスに出社して、旅をしながら働く会社【連載】遊ぶように働く〜管理職のいない組織の作り方(19)

オフィスのように相手の姿が見えていれば、声をかけてもいいと思えますが、相手が今パソコンの前にいて返事をくれる状態かどうかわからないと、声をかけることをためらってしまいます。もし皆の前で「いますか?」なんて聞いて返事がなかったら恥ずかしいと思ってしまうと書き込みにくくなります。

(2)人数が多いチャンネルでは、しょうもないことが書けない

気心の知れた数人だけのチャンネルだったら「食事にいってくる」とか「休憩でお茶」とか書くこともためらうことはありませんし、そういった状態の情報共有には価値があります。しかし、人数が多くなったチャンネルで同じことができるかというと、全員に通知がいくと思うと書けなくなってしまいます。

(3)かといってDMばかり使うと、存在感が感じられない

それを解決するには少人数チャンネルやDM(ダイレクトメッセージ)を使うことですが、そうなると社内で誰が働いているのか、コミュニケーションが見えなくなってしまいます。業務上の連絡はできるとしても、それ以外のコミュニケーションをとることが、とてもハードルの高いものになってしまうのです。

オフィスが好きだからバーチャルオフィスに出社する

こうしたリモートワークにおけるチャットの問題を解決するために、さまざまなツールを調査して試してみたものの、全社員リモートワークを前提としたツールがなかったために、最終的には自分たちで使うツールを作ることにしました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

FINDERSの記事をもっと見る 2019年2月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。