ビル・ゲイツが絶賛する、「事実」を動力源にした生き方―ファクトフルネス【ブックレビュー】

神保慶政

映画監督

1986年生まれ。東京都出身。上智大学卒業後、秘境専門旅行会社に就職し、 主にチベット文化圏や南アジアを担当。 海外と日本を往復する生活を送った後、映画製作を学び、2013年からフリーランスの映画監督として活動を開始。大阪市からの助成をもとに監督した初長編「僕はもうすぐ十一歳になる。」は2014年に劇場公開され、国内主要都市や海外の映画祭でも好評を得る。また、この映画がきっかけで2014年度第55回日本映画監督協会新人賞にノミネートされる。2016年、第一子の誕生を機に福岡に転居。アジアに活動の幅を広げ、2017年に韓国・釜山でオール韓国語、韓国人スタッフ・キャストで短編『憧れ』を監督。 現在、福岡と出身地の東京二カ所を拠点に、台湾・香港、イラン・シンガポールとの合作長編を準備中。

http://y-jimbo.com/index.html

事実が生み出す「あたたかみ」

ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド『FACTFULNESS』(日経BP)は、読者が持つ潜在的ステレオタイプや世界情勢に関するネガティブ意識を明らかにし、「世界は思いの外良い方向に向かっている」という実感をわかせてくれる。

本書の冒頭で著者は11の三択クイズを設け、日頃の情報への接し方によって、いつの間にか私たちの世界の見方がねじ曲がってしまっていることを自覚させる。

「現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう?」という質問に対しては20%、40%、60%という3つの選択肢が用意されている。正解は60%だが、筆者は40%を選んだ。「60%…いや、そんなに高いはずはないけど、20%というのは低すぎる」と、自分自身がいつの間にか仕掛けてしまっている「思い込み」というトリックにひっかかってしまったのだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る 2019年3月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。