移民国家イギリスの現状から、日本の未来を読み解く 知られざる西欧先進国の最底辺労働【ブックレビュー】

神保慶政

映画監督

1986年生まれ。東京都出身。上智大学卒業後、秘境専門旅行会社に就職し、 主にチベット文化圏や南アジアを担当。 海外と日本を往復する生活を送った後、映画製作を学び、2013年からフリーランスの映画監督として活動を開始。大阪市からの助成をもとに監督した初長編「僕はもうすぐ十一歳になる。」は2014年に劇場公開され、国内主要都市や海外の映画祭でも好評を得る。また、この映画がきっかけで2014年度第55回日本映画監督協会新人賞にノミネートされる。2016年、第一子の誕生を機に福岡に転居。アジアに活動の幅を広げ、2017年に韓国・釜山でオール韓国語、韓国人スタッフ・キャストで短編『憧れ』を監督。 現在、福岡と出身地の東京二カ所を拠点に、台湾・香港、イラン・シンガポールとの合作長編を準備中。

http://y-jimbo.com/index.html

「やりがい」「安定」「賃金」全ての面で満足いかない仕事が存在し続けられる理由

世界中でキャッシュレス化が進み、クラウドファンディングや個人間送金が盛り上がる中、「なめらかなお金」という連続起業家の家入一真の言葉のように、各地で新しいお金のあり方が模索され続けている。今回ご紹介するのは「キャッシュを使わない」ことではなく、賃金の「なさ(少なさ)」に着目した、イギリス人ジャーナリストによる作品だ。ジェームズ・ブラッドワース『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した 潜入・最低賃金労働の現場』(光文社)は、アマゾン・訪問介護士・コールセンター・Uberドライバーという4つの職業を経験した著者が、英国社会の最底辺とみなされている仕事の実情を記している。


あわせて読みたい

FINDERSの記事をもっと見る 2019年4月29日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。