オリンピック前哨戦!スケートボード・BMX・サーフィン 世界レベルの戦いが繰り広げられた「MURASAKI SHONAN OPEN 2019」

2019年7月8日から15日の8日間、神奈川藤沢市・鵠沼海岸で国内最大のクロスカルチャービーチフェス「MURASAKI SHONAN OPEN 2019」が行われた。2020年の東京オリンピック追加種目であるスケートボード・ストリート、パークやBMX・フリースタイルパーク、サーフィンを含む多くのコンテストやイベントが行われ、各競技には世界で戦う日本人選手が多数出場。ときおり小雨も降る中であったが、世界レベルの戦いを一目見ようと多くの観客が訪れた。

オリンピック前哨戦!スケートボード・BMX・サーフィン 世界レベルの戦いが繰り広げられた「MURASAKI SHONAN OPEN 2019」
「WSL QS1500 MURASAKI SHONAN OPEN 2019」優勝の鈴木仁 photo by shuji izumo

SKATE

スケートボードではパーク、ストリートの2種目の大会がそれぞれ行われた。パークでは「BOURBON presents PARK WAVE in MURASAKI SHONAN OPEN powered by JSF」が開催。「ブルボンPresents日本オープンJSFパークスタイルコンテスト」でも5位入賞を果たした、オレンジのヘルメットがトレードマークの内田琉已が優勝を果たしている。

オリンピック前哨戦!スケートボード・BMX・サーフィン 世界レベルの戦いが繰り広げられた「MURASAKI SHONAN OPEN 2019」
内田琉已 photo by tabasa

ストリートのコンテスト「SUMMER JUMBO SESH in MURASAKI SHONAN OPEN powered by SKATE ARK」では左膝の手術から復帰したばかりの池田大亮、「MURASAKI SHONAN OPEN 2018」優勝の佐川涼、今大会のオーガーナイザーでもある瀬尻凌、初出場の「SLS」初戦で決勝進出を果たしている白井空良をはじめとする9名がFINALに出場。誰が優勝してもおかしくないハイレベルな争いが繰り広げられたが、トップバッター1本目で完璧なランを見せた根附海龍が見事優勝カップを手にした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

FINEPLAYの記事をもっと見る 2019年7月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。