[マザーズ市況]マザーズ指数は反発も円高嫌気で上値重い、直近IPO銘柄のPKSHAは上昇

*18:58JST マザーズ指数は反発も円高嫌気で上値重い、直近IPO銘柄のPKSHAは上昇
 本日のマザーズ市場では、前日の米株高や主力大型株の反発を受けて、買い先行スタートとなった。バイオ株などのテーマ株のほか、直近IPO銘柄に買い戻しの動きがみられた。時価総額上位銘柄が堅調な推移となったことも指数をけん引したものの、後場に円相場が1ドル109円を割り込んだことなどを受けて、次第に上値の重さが意識され、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1084.40億円。騰落数は、値上がり128銘柄、値下がり104銘柄、変わらず11銘柄となった。
 値上がり率上位では、ALBERT<3906>やメディアシーク<4824>のほか、フィルカンパニー<3267>が2桁を超える上昇となった。一方で値下がり率上位には、リンクバル<6046>やアドウェイズ<2489>、イトクロ<6049>が並んだ。売買代金上位には、GNI<2160>やサンバイオ<4592>、直近IPO銘柄のPKSHA<3993>が上昇。サンバイオは、足元で京都大学と新規神経新生促進化合物に係る共同研究に関する契約を締結したことで関心を高めている。一方で、決算を控えるそーせい<4565>のほか、時価総額上位のミクシィ<2121>やエンバイオHD<6092>はさえない。
《SK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年2月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。