[マザーズ市況]マザーズ指数は続落、決算を受け時価総額上位銘柄が軟調、UUUMが急落

*15:54JST マザーズ指数は続落、決算を受け時価総額上位銘柄が軟調、UUUMが急落
本日のマザーズ指数は続落となった。前日の米国市場では、米中貿易交渉における対中関が米大統領選後まで維持されることが伝わり、第二段階目以降の交渉への先行き不透明感から主要3指数は高安まちまち。なかでも、ハイテク株比率の高いナスダック指数の下げが大きかったこともあり、東京市場でテクノロジー関連の多いとされるマザーズ市場にとっても逆風に。これを受け、朝方からマザーズ銘柄に総じて利益確定の動きが先行した。その後は、個人投資家による積極的な押し目買いの動きもみられたが、前日に決算発表のあったティーケーピーやSansan、マネーフォワードといった時価総額上位銘柄に対する売りが指数の重しとなった。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で937.83億円。騰落数は、値上がり171銘柄、値下がり128銘柄、変わらず16銘柄となった。値下がり率上位銘柄では、新株予約権発行を発表したシェアリングテクノロジーのほか、決算で利益成長鈍化が嫌気されたUUUMやウォンテッドリーが大幅安となった。売買代金上位銘柄では、メルカリ、ティーケーピー、Sansan、フリー、マネーフォワード、247、クックビズが下落。一方で、決算が好感されたチームスピリットが16%高になったほか、ロゼッタやALiNKも上昇した。
《SK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。