東証グロース市場指数 861.91 +20.86/出来高 1億1689万株/売買代金 816億円
東証マザーズ指数 679.22 +17.80/出来高 1億2291万株/売買代金 953億円

本日のグロース市場は、グロース市場指数、マザーズ指数はそろって大幅に反発、値上がり銘柄数は316、値下り銘柄数は118、変わらずは28。
本日のグロース市場は堅調な展開となった。前日7日の米株式市場のNYダウは続伸。小売銘柄を中心に業績の悪化を懸念する売りが波及した。ただ、長期金利が低下するとハイテク株を中心に買い戻され、午後は堅調に推移した。ナスダック総合指数も続伸、引けにかけて上げ幅を拡げた米株市場を受けて、本日の東証グロ−ス指数は大幅に反発した。マザーズ指数やグロース市場の時価総額上位20銘柄で構成される東証グロース市場Core指数は上昇してスタートした後、じりじりと上げ幅を拡げた。買い一巡後は上値の重い展開となったものの、下げ幅を縮小する動きは見られずほぼ高値引けとなった。米長期金利が3%を下回ったことで米グロース株に見直し買いが入り、国内の投資家心理の安心感につながったようで、前日軟調な展開となった東証グロース市場の中小型株に買い戻しの動きが向かった。ただ、今週末の米5月消費者物価指数(CPI)の発表を控えてこの結果を見極めたいとの思惑があるなか、出来高や売買代金は低調だった。東証グロース市場Core指数は3.32%高、東証マザーズ指数は2.69%高となった。