[ランチタイムコメント]日経平均は4日ぶり大幅反発、再びのバブル後高値更新は「高需給のなせる業」

*12:20JST 日経平均は4日ぶり大幅反発、再びのバブル後高値更新は「高需給のなせる業」
 日経平均は4日ぶり大幅反発。669.27円高の26196.64円(出来高概算7億株)で前場の取引を終えている。

 23日の米株式市場でNYダウは反発し、327ドル高となった。10月のシカゴ連銀全米活動指数が9月から上昇し、11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値も予想外に10月から改善した。英アストラゼネカなどが開発する新型コロナウイルスワクチンの良好な結果や、米国内でワクチン接種が約3週間以内に開始する見通しなどといったことも明らかとなり、景気敏感株の買いが再燃。さらにバイデン前副大統領が次期財務長官にイエレン前連邦準備理事会(FRB)議長を指名すると報じられ、引けにかけて上げ幅を拡大した。連休明けの日経平均はこうした流れを引き継いで374円高からスタートすると、朝方には26000円台を回復し、一時26212.67円(685.30円高)まで上昇。今月17日に付けていた取引時間中のバブル崩壊後高値26057.30円を上回った。

 個別では、ソフトバンクG、ファーストリテ、ソニートヨタ自など売買代金上位は全般堅調。村田製や日本電産といったハイテク株の堅調ぶりが目立ち、東エレクは5%超上昇している。JALなどで新型コロナワクチンに期待した買いが見られるが、コロナ渦中に業績堅調だったエムスリーも高い。また、三井住友ファイナンス&リースによる株式公開買付け(TOB)が発表されたケネディクスはストップ高を付けている。一方、公募増資の実施観測が報じられたANAは2%超の下落。任天堂が小幅に下落し、KDDIなど通信株の一角もさえない。また、アサンテやクスリのアオキが東証1部下落率上位に顔を出している。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。