[ランチタイムコメント]日経平均は小幅に3日続伸、先高観変わらず「循環物色」

*12:20JST 日経平均は小幅に3日続伸、先高観変わらず「循環物色」
 日経平均は小幅に3日続伸。47.72円高の28186.75円(出来高概算7億1000万株)で前場の取引を終えている。

 11日の米株式市場でNYダウは5日ぶりに反落し、89ドル安となった。先週の連邦議会議事堂への乱入事件を受け、民主党はトランプ大統領の弾劾訴追案を下院に提出。政局混乱が警戒され、寄り付き後に下落した。SNS運営企業によるトランプ氏のアカウント凍結措置などから主要ハイテク株が下落したことも重しとなった。連休明けの日経平均はこうした流れを引き継いで134円安からスタートすると、寄り付き直後には一時27899.45円(239.58円安)まで下落。ただ、米長期金利の上昇を受けて金融株などが買われたほか、決算が好感された小売株や新型コロナウイルス関連の材料が観測された医薬品株の一角が急伸し、日経平均は前場中ごろに28287.37円(148.34円高)まで上昇する場面があった。

 個別では、ソフトバンクG、任天堂、ソニー、東エレクが小じっかり。リウマチ治療薬が新型コロナにも有効と伝わった中外薬は7%超、米モデルナ製ワクチンの国内治験を20日にも始めると報じられた武田薬は3%超の上昇となっている。決算発表銘柄では第1四半期が大幅増益となった良品計画が9%の上昇となり、ローソンは9-11月期の改善が好感されて4%近い上昇。また、今期大幅増益見通しのFブラザーズはストップ高水準での買い気配が続いている。一方、米金利上昇を受けてエムスリーやキーエンスといったグロース(成長)株の一角がさえない。ファーストリテは小幅に下落。ウエルシアHDは堅調な決算ながら材料出尽くし感から売りがかさんでいる。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。