[相場概況]日経平均は4日ぶり反発、指数の上値は重いが中小型株の活況は続く

*15:32JST 日経平均は4日ぶり反発、指数の上値は重いが中小型株の活況は続く
日経平均は4日ぶり反発。先週末の欧米株高や為替市場における円高一服など、外部環境の落ち着きが支援材料となり見直し買い優勢の展開となった。大型株には上値の重さが意識される一方、低位の建設株が賑わうなど中小型株の物色は活況に。

大引けの日経平均は前日比127.57円高の15343.28円となった。東証1部の売買高は23億751万株、売買代金は1兆7970億円だった。業種別では、鉄鋼や非鉄金属、その他製品、建設、ガラス・土石、保険、精密機械などが上昇。一方、海運やゴム製品、その他金融不動産が軟調だった。

個別では、日立<6501>やソニー<6758>、富士通<6702>など、ハイテク関連が堅調。また、新日鉄住金<5401>やJFE<5411>など、大手鉄鋼株が強い動き。その他、売買代金トップの鉄建<1815>をはじめ、熊谷組<1861>などが賑わった。一方、三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>など、メガバンクが軟調。また、4-6月期の業績観測が伝わったOLC<4661>も売り優勢となった。
《OY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。