[相場概況]日経平均は反発、上海株持ち直しで後場一段高

*15:40JST 日経平均は反発、上海株持ち直しで後場一段高
日経平均は反発。6日の米国市場でNYダウは続伸したが、米中貿易摩擦への警戒感から上値が重く、39ドル高にとどまった。円相場も下げ渋っており、本日の日経平均はこれらを受けて6円高と小動きでスタートした。指数寄与度の大きいソフトバンクG<9984>が決算を受けて大きく買われたが、前場の日経平均は22500円台でのもみ合いが続いた。しかし、中国・上海株の持ち直しとともに後場の日経平均は一段高となり、22666.68円(前日比159.36円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比155.42円高の22662.74円となった。東証1部の売買高は13億2412万株、売買代金は2兆1525億円だった。業種別では、石油・石炭製品、情報・通信業、鉱業が上昇率上位だった。一方、水産・農林業、パルプ・紙、精密機器が下落率上位だった。

個別では、ソフトバンクGが売買代金トップで6%超高。第1四半期決算が市場予想を上回る大幅増益となった。上期決算を発表した楽天<4755>も商いを伴って6%超上昇した。その他売買代金上位では任天堂<7974>、スズキ<7269>、ソニー<6758>などがしっかり。トヨタ自<7203>は小幅に上昇した。前引け後に決算発表した鹿島<1812>は後場急伸。また、電子材料<6855>や日製鋼所<5631>はストップ高水準で本日の取引を終えた。一方、三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、ファナック<6954>などがさえない。資生堂<4911>は2%超、スタートトゥ<3092>は3%超下落した。また、業績下方修正のムゲンE<3299>がストップ安水準まで売られ、第1四半期の赤字幅が拡大したパイオニア<6773>も東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ソフトバンク 株価
Fiscoの記事をもっと見る 2018年8月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。