[相場概況]日経平均は3日ぶり反発、海外株睨み自律反発期待の買い

*15:43JST 日経平均は3日ぶり反発、海外株睨み自律反発期待の買い
日経平均は3日ぶり反発。28日の米国市場でNYダウは6日ぶりに反発し、187ドル高となった。為替相場は1ドル=109円台前半へと円安方向に振れ、前日までの2日間に611円ほど下落していた日経平均も自律反発に期待した買いが先行して93円高からスタート。朝方マイナスに転じる場面があったものの、春節(旧正月)の連休明けとなった香港ハンセン指数が寄り付きを安値に下げ渋ったことなどが安心感につながり、後場には一時23392.61円(前日比176.90円高)まで上昇した。

大引けの日経平均は前日比163.69円高の23379.40円となった。東証1部の売買高は10億3295万株、売買代金は1兆9685億円だった。業種別では、全33業種がプラスとなり、海運業、鉱業、証券、ゴム製品、化学が上昇率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の51%、対して値下がり銘柄は45%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクGや東エレクが2%超上昇し、ファーストリテも堅調。日経平均寄与度の大きいこれら3銘柄で約67円の押し上げ要因となった。その他売買代金上位ではソニー、任天堂、トヨタ自が小じっかり。信越化やエムスリーは前日発表した決算を受けて買いが先行し、業績観測が報じられた郵船は3%超の上昇。また、引き続き新型肺炎対策を睨んだ物色が活発で、丸山製などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、村田製、アドバンテス、OLCなどがさえない。アンリツは次世代通信規格「5G」関連の米社決算が嫌気されて4%超の下落。決算が市場期待に届かなかったオービックも売りがかさんだ。また、インソースなどが東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。