[相場概況]日経平均は大幅に続落、新型肺炎拡大により世界的株安に、それでも押し目買いも散見される

*15:26JST 日経平均は大幅に続落、新型肺炎拡大により世界的株安に、それでも押し目買いも散見される
日経平均は大幅に続落。東京市場が休場だった24日の米国市場では、新型コロナウイルスによる感染被害が新たに韓国やイタリアでも観測され、世界経済減速への懸念から大幅下落となった。欧州株も含め全面安となり、投資家心理が悪化するなか、NYダウは1000ドルを超す下落となった。こうした流れを受けて、週明けの日経平均は朝方に一時1000円を超す大幅下落をみせた。ただ、その後は押し目買いが入る形で、前引けまでは徐々に下げ幅を縮めていく展開に。それでも警戒感払拭には程遠く、後場には若干ながら再度下げ幅を拡げてスタートし、その後は狭いレンジでの小動きとなった。

大引けの日経平均は前日比781.33円安の22605.41円となった。東証1部の売買高は17億7802万株、売買代金は3兆3101億円だった。業種別では、海運、証券、金属、鉄鋼などを筆頭に東証33業種すべてが大幅なマイナス推移。下落率が相対的に小さかった石油や精密でも2%を超える下落であった。東証1部の値下がり銘柄は全体の98%、対して値上がり銘柄は1%となった。個別では、新型コロナウイルスの治療のためにインフルエンザの治療薬「アビガン」を患者に投与したことが厚労相によって明らかにされた富士フイルムが3%近い上昇をみせて売買代金上位に顔を出した。その他、値上がり率上位では、新型肺炎拡大からWeb会議の配信ビジネスへの期待が高まったブイキューブがストップ高となったほか、大幸薬品も5%超の上昇となった。一方、ソフトバンクGやファーストリテなどの日経平均高構成比銘柄や、ソニー、東エレク、アドバンテスト、キーエンスなどのハイテク株は大きく売り込まれた。
《YN》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「[相場概況]日経平均は大幅に続落、新型肺炎拡大により世界的株安に、それでも押し目買いも散見される」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    疫病神安部晋三

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。