[相場概況]日経平均は4日続伸、リバランス需要期待が支え、連日のバブル後高値

       
*15:54JST 日経平均は4日続伸、リバランス需要期待が支え、連日のバブル後高値
日経平均は4日続伸。26日の米国市場は感謝祭の祝日で休場だった。積極的な買いの手掛かりに乏しいなか、週末を前に利益確定の売りが出て、本日の日経平均は7円安からスタート。朝方プラス圏に浮上したものの、前引けにかけて一時26419.05円(前日比118.26円安)まで下落するなど方向感を欠く展開だった。ただ、引けにかけてNTTドコモ株の公開買付け(TOB)に絡んで東証株価指数(TOPIX)のリバランス需要が発生するとの観測から、後場に入ると26672.40円(同135.09円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比107.40円高の26644.71円となった。終値としてはバブル崩壊後の戻り高値を連日で更新。東証1部の売買高は15億2950万株、売買代金は3兆4069億円だった。業種別では、精密機器、不動産業、非鉄金属が上昇率上位だった。一方、電気・ガス業、銀行業、輸送用機器が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の69%、対して値下がり銘柄は28%となった。

個別では、ソフトバンクGとエムスリーが2%超上昇し、日経平均の押し上げ役となった。日本電産は4%の上昇となり、エムスリーとともに連日で上場来高値(株式分割考慮)を更新。その他売買代金上位でも任天堂、ソニー、キーエンスといった値がさグロース(成長)株が買われた。また、三井不による株式公開買付け(TOB)実施観測が報じられた東京ドームは買い気配のままストップ高比例配分となり、野村不HDやダイビル、平和不などの不動産株にも思惑買いが向かった。一方、トヨタ自などの自動車株や三菱UFJなどのメガバンク株は軟調。リクルートHDやダイキンは日経平均の押し下げ役となった。また、配当権利落ちのジャステック、前日に決算発表したタカショーや菱洋エレクが東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。