5月29日に付けた1958円をピークに調整を継続しているが、上向きで推移する25日線が支持線として機能しており、押し目狙いの好機になりそうだ。電力使用量の多い半導体企業の進出が相次いでいるほか、データセンターも増える見通しのなか、100億円超を投じて変電所2カ所を増強すると報じられている。
電力株においてもAI関連の一角との位置づけとなり、押し目買い意欲は強そうだ。週間形状では上向きで推移する13週線が支持線として機能している。