[個別銘柄テクニカルショット]出光興産---上方シグナル発生が近づく

*09:02JST <5019> 出光興産 - -
2月高値と3月高値とのダブルトップ形成後の調整が継続しているが、6月3日安値2880円をボトムにリバウンドをみせている。上値抵抗だった25日線を突破しており、5日線との短期ゴールデンクロスが意識されている。一目均衡表では雲を下回っての推移ではあるが、足元で転換線が支持線として機能しているほか、基準線も突破してきている。遅行スパンは実線に接近してきていることで、上方シグナル発生が近づいている。
《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年6月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。