[日経225・本日の想定レンジ]17000円処の底固めからのリバウンド

*08:06JST 17000円処の底固めからのリバウンド
[本日の想定レンジ]
 17日のNY市場はまちまち。日本の7-9月期GDPが予想外のマイナス成長となったことが嫌気されたが、大型M&Aの発表が相次いだことが好感された。ダウ平均は13.01ドル高の17647.75、ナスダックは17.54ポイント安の4671.00。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円高の17195円。

 昨日の大幅な下げに対する自律反発が意識されそうだ。安倍首相は、消費再増税の先送りと、衆院を解散する考えを表明することになるが、合わせて7-9月期GDPがマイナス成長となったことから、景気刺激策への期待が高まりそうだ。
 日経平均は昨日の大陰線でパラボリックや新値足が陰転した。ただ、ボリンジャーバンドでは+1σまでの調整が一気に進んだことから、いったんはリバウンドを意識させてくる。マイナス成長を受けて戻り待ちの売り圧力がしばらくは警戒されそうだが、ファンド等のロングの外しも一巡、17000円処の底固めからのリバウンドに期待。17000-17250円のレンジを想定する。


[予想レンジ]

上限 17250円−下限 17000円


《TM》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。