[日経225・本日の想定レンジ]25日線付近が上値抵抗帯に

*08:48JST 25日線付近が上値抵抗帯に
[本日の想定レンジ]

20日は、米NYダウが42.41ドル安の4657.80、ナスダック総合指数が55.93pt高の7781.52、シカゴ日経225先物は大阪日中取引比変わらずの22480円。21日朝の為替は1ドル=110円30銭台での取引。20日の日経平均は大幅反発したが、ザラ場高値は下降中の25日線に届かなかった。本日も25日線付近が上値抵抗帯として作用するとみられ、25日線を上回る水準で大口買いが入っても、追随買いより戻り売りが多くなろう。一目均衡表では、日々線が雲を脱出し、その上にある基準線も上回った。ただ、遅行線が株価の下方に位置して弱気シグナルを発しているため、円相場の強含みなどマイナス材料に敏感な地合いが予想される。ボリンジャーバンドは昨日、日々線が中心線をわずかに上回って売られ過ぎ感を完全に解消した形となった。日経平均が自律反発の域を越えて続伸していくには、強力なプラス材料の出現が必要になろう。

[予想レンジ]上限22650円−下限22450円
《SK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年6月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。