[寄り付き概況]日経平均は140円安でスタート、安川電やソフトバンクGが軟調

       
[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21744.62;-140.62TOPIX;1590.31;-12.69

[寄り付き概況]

 2日の日経平均は前日比140.62円安の21744.62円と反落で取引を開始した。1日の米国市場ではNYダウが343ドル安と大幅に下落。9月のISM製造業景気指数は前月から悪化し、2009年6月以来の低水準となった。景気後退リスクへの警戒から追加利下げへの思惑なども高まっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比290円安の21680円。円相場は1ドル107円60銭台と円高に振れて推移している。米株安や円高進行を嫌気して日経平均は反落で寄り付く形となったが、その後は値がさ株中心に堅調な推移となり、下げ幅をやや縮める展開となっている。

 業種別では、電気・ガス業、食料品、陸運業を除き、非鉄金属、鉄鋼、鉱業、機械、保険業、石油・石炭製品、輸送用機器、証券・商品先物取引業などを筆頭にほぼ全業種がマイナスで推移している。売買代金上位では、安川電機<6506>、SMC<6273>、楽天<4755>、コマツ<6301>、ソフトバンクG<9984>、SMC<6273>、関西電力<9503>、東京エレクトロン<8035>、村田製作所<6981>などがマイナスで推移。一方、コロプラ<3668>の上昇が目立つほか、神戸物産<3038>、SUMCO<3436>、ファーストリテ<9983>などがプラスで推移している。
《US》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ソフトバンク」に関する記事

「ソフトバンク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ソフトバンク」の記事

次に読みたい「ソフトバンク」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月2日の経済記事

キーワード一覧

  1. ソフトバンク 株価

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。