[寄り付き概況]日経平均は112円安でスタート、ソフトバンクGやファーストリテなどが下落

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;26697.26;-112.11TOPIX;1770.70;-4.55

[寄り付き概況]

 4日の日経平均は112.11円安の26697.26円と4日ぶり反落して取引を開始した。前日3日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は85.73ドル高の29969.52ドル、ナスダックは27.82ポイント高の12377.18ポイントで取引を終了した。週次新規失業保険申請件数が前回から予想以上に減少したことを好感し寄り付き後上昇した。民主党のペロシ下院議長と共和党のマコーネル上院院内総務が追加経済対策を巡り交渉を再開したとの報道を好感した買いも強まり、上げ幅を拡大。ナスダック総合指数は史上最高値を更新した。引けにかけて、製薬会社のファイザー(PFE)がワクチンの調達に関する問題で年内の供給目標を引き下げたとの報道が嫌気され上げ幅を縮小した。

 米国株式相場を受けた今日の東京株式市場は寄り付き段階では売りが先行した。新型コロナ感染拡大に伴い、吉村大阪府知事が不要不急の外出を控えるよう府民に協力を求めたことなどを受け、経済活動低迷の長期化が懸念されたことに加え、米国市場の取引終了前に米ファイザーなどが開発中の新型コロナワクチンが計画した規模では供給できないと伝わり、ワクチン実用化、普及への楽観的な見方がやや後退し、買い手控え要因となった。また、外為市場で1ドル=103円80銭台と昨日15時頃に比べ60銭ほど円高・ドル安に振れていることも株価の重しとなった。一方、新型コロナ感染拡大による経済への悪影響が広がるようだと財政政策や金融政策への期待が高まるとの見方も強かったが、寄り付き段階では売りが優勢だった。

 セクター別では、空運業、電気機器、石油石炭製品、不動産業、銀行業などが値下がり率上位、その他製品、鉄鋼、保険業、輸送用機器、陸運業などが値上がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG、ファーストリテ、東エレク、SUMCO、日本電産、ダイキン、三菱UFJ、ソフトバンク、エムスリー、楽天、HOYA、三井不などが下落。他方、任天堂、ソニーリクルートHD、デンソー、ホンダ、武田薬、コマツ、アサヒ、JR西、東京海上、日本製鉄などが上昇している。


《FA》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。