後場の日経平均は137円安でスタート、エーザイやレーザーテックが安い

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29303.39;-137.91
TOPIX;1975.57;+0.09

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比137.91円安の29303.39円と前場終値から若干下げ幅を拡大して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は弱含みで推移。アジア市場は高安まちまち。為替は1ドル=110円10銭近辺と朝方から横ばいで推移。午前の日経平均は、米国市場や日経225先物のナイトセッションが下落した流れを受けて反落となった。後場の日経平均は前場終値より下げ幅を若干拡大してスタートし、弱含みが続いている。午前に引き続き、ファーストリテイリングが1880円安するなど指数に寄与度の高い銘柄が下落しており、相場の重しとなっているようだ。また、東証1部の売買代金上位銘柄には、任天堂やソニーGなど、知名度の高い銘柄の値下がりが目立っており、個人投資家のリスクセンチメントを低下させているようだ。なお、業種別では値下がり9業種、値上がり24業種となり、値上がりが目立っている。

 セクター別では、空運業、その他製品、サービス業、電気機器などが下落率上位となっており、一方、鉱業、海運業、ゴム製品、石油・石炭製品が上昇率上位となっている。東証1部の売買代金上位では、任天堂、エーザイ、レーザーテック、東京エレクトロン、ファーストリテイリングが安く、トヨタ、日本郵船、日立、ダイキン工業、ファナックが高い。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク