[後場の寄り付き概況]後場の日経平均は92円安でスタート、野村や任天堂が軟調

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23842.16;-92.27TOPIX;1733.29;-5.11

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比92.27円安の23842.16円と下げ幅を拡大して取引を開始した。午前の日経平均は続落。アジア株は軟調。ランチタイム中の225先物は一時23750円まで下げる場面もあり、上値も23810円となった。円相場は1ドル109円50銭台で推移。この流れから、午後の日経平均は下げ幅を拡げてのスタートとなった。その後は下げ幅をやや縮めたが、こう着感の強い展開が続いている。

 業種別では、パルプ・紙、証券・商品先物取引業、海運業、非鉄金属、鉄鋼、その他製品、精密機器、電気・ガス業などがマイナスで推移。一方、鉱業、情報・通信業、医薬品、不動産業などがプラスで推移している。売買代金上位では、野村、任天堂、昭和電工、信越化、村田製作所などがマイナスで推移。一方、日立化成の上昇が目立つほか、日立、SUMCO、アドバンテスト、スズキなどがプラスで推移している。
《HH》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。