大幅に続伸。22年3月期の営業損益を従来予想の1.11億円の黒字から1.91億円の黒字(前期実績0.35億円の赤字)に上方修正している。基幹事業であるSNSマーケティング事業が好調に推移し、人材採用や広告宣伝などの追加投資分を吸収したため。ラバブルマーケティンググループは2月10日に売上高を上方修正する一方で各利益予想を据え置いていたが、さらに売上高が上振れる見通しとなったことから改めて利益予想を変更した。