アイモバイル、アドバンテス、サイバーなど

 航空電子 1788 -36
急落後に下げ渋る。前日に第1四半期決算を発表、営業益は36億円で前年同期比53.5億円の損益改善。携帯電話向けが伸び悩んだが、産機向けなどが好調でほぼ市場想定線で着地。通期予想の155億円、前期比78.0%増は据え置いた。サプライズ感に乏しくうえ、中国スマホ向けの今後の弱含みの可能性を示したことなども警戒された。ただ、株価は200日移動平均線を一時割り込んだ後は同線を支持線に下げ渋る展開に。

 太平洋工 1325 +79
急伸。前日に第1四半期決算を発表、営業損益は33.6億円の黒字転換となり、前年同期比56.1億円の損益改善となっている。また、上半期計画は従来の40億円から65億円に、通期では95億円から125億円、前期比39.3%増に上方修正している。主要顧客の自動車業界の生産台数回復を受けて、プレス・樹脂製品、バルブ製品ともに大幅増収増益に。固定費削減活動の効果なども奏効しているようだ。

 アイモバイル 1442 -200
急落で下落率トップ。本日は7月期末配当権利落ち日となっており、手仕舞い売りの動きが優勢になっている。記念配当70円を含めて期末100円配当を計画しており、前日終値をベースにすると、配当利回りは6%超の水準であった。また、ターゲティング広告の見直しが日本でも広がり始めたと報じられていることも、警戒材料視されているもようだ。

 キヤノン 2501 -93.5

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク