[本日の注目個別銘柄]日立製作所や日本ケミコンなど

<6501> 日立製作所 531 -36
売り先行。前日に第3四半期の決算を発表、10-12月期営業利益は683億円、前年同期
比28%減となり、通期予想は4800億円から4200億円にまで下方修正している。構造改
革費用積み増しなど一過性要因もあるが、情報・通信システム、高機能材料、建機な
どといった分野が不振のもよう。実績値は計画を約70億円下回ったようだ。また、通
期計画下振れ懸念は指摘されていたものの、修正幅は想定以上になった格好。三菱U
FJでは投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げ、上値余地
は目先縮小と指摘しているもよう。

<9983> ファストリテイリング 24230 -790
売り優勢。前日に1月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比5.5%
減、3ヶ月ぶりのマイナスに転じている。市場想定は若干のプラスであったと推測さ
れ、先物安も重なって売りが先行する格好に。ただ、昨年、一昨年と伸び率が高く、
ハードルが高い状況であったこと、11月や12月と比較するとボリュームが小さいこと
などから、過度な懸念は不要との見方も多いようだ。

<5202> 日本板硝子 118 +18
急伸で上昇率上位。大和では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価を160
円としている。業績モメンタムは第2四半期を底に改善傾向、株価もモメンタム回復
を織り込む形で上方水準訂正する可能性が高いと判断へ。1倍を大きく割り込むPB
R水準は、セクター平均と比較して割安感が強いと捉えているもよう。

<6504> 富士電機 243 +10
しっかり。SMBC日興では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も220
円から290円に引き上げている。今後、円安定着などを背景とした事業環境の好転に
伴い、業績改善で先行する日立製<6501>や東芝<6502>などをキャッチアップし、セク
ター内での優位性が高まる可能性は高いと判断しているもよう。

<5541> 大平洋金属 515 +24
しっかり。前日に業績予想の上方修正、並びに、配当予想の引き上げを発表してい
る。通期営業利益は従来予想の2.7億円から9.3億円に、最終損益は8.6億円の赤字か
ら10.8億円の黒字に増額修正。また、期末配当金は無配から2円配当としている。主
力製品であるフェロニッケル販売数量の見通し引き上げなどが業績上振れの主因に。
収益水準は低水準であるものの、最終損益の一転黒字見通しにインパクトが先行する
状況のようだ。

<3626> ITHD 1110 -205
下落率上位。前日に第3四半期の決算を発表、失望売りが先行する格好のようだ。10-
12月期営業利益は4.9億円、市場コンセンサスは10億円前後であったとみられてい
る。1-3月期に収益は膨らむ傾向にあるため、通期計画未達懸念などは高まる状況に
ないが、もともと、通期予想も会社計画からの上振れが期待されていたようだ。ま
た、10-12月期は受注高も前年同月比17%減となり、市場の期待値を下回っている。

<6997> 日本ケミコン 236 +41
上昇率上位。昨日発表している決算が手掛かり材料につながる格好に。4-12月期累計
営業損益は55.8億円の赤字、10-12月期でも15.6億円の赤字とき厳しい決算となった
が、ほぼ市場コンセンサスどおりの水準でもあり、目先の悪材料出尽くし感が先行す
る状況のようだ。また、足元では、サーバー、太陽光発電、産業機械などで、受注改
善の兆しが見えるなどとも示されているもよう。

<4043> トクヤマ 191 +10
後場に入って急伸の展開へ。前引け後に通期業績予想の修正を発表している。営業利
益は従来予想の30億円から40億円に上方修正、一方、最終損益は25億円の赤字から
115億円の赤字に下方修正へ。最終損益下方修正の背景は繰延税金資産の取り崩しで
ある。一方、営業利益は下振れが想定されていただけに、上方修正はポジティブなイ
ンパクトにもなる形へ。

<9201> 日本航空 4010 +195
大幅続伸で上場来高値を一気に更新している。前日に第3四半期の決算を発表、通期
予想の上方修正、並びに、配当実施の表明を好感する動きとなっている。通期営業利
益は従来の1650億円から1860億円に上方修正、もともと保守的な見通しと見られてい
たことで、大きなインパクトはないものの、配当利回り4.7%水準(前日終値)まで
の配当金実施は、株主重視のメッセージとして強く評価される格好に。

<7606> Uアローズ 2421 +98
大幅続伸。寄り付き段階から、昨年9月3日の高値を更新している。前日に発表した1
月の月次動向が好材料視される格好のようだ。既存店売上高は前年同月比4.2%増と3
ヶ月連続でのプラス成長。ファストリ<9983>をはじめ、ポイント<2685>やハニーズ
<2792>、良品計画<7453>などが総じてマイナスに転じる中、相対的な堅調さが改めて
評価される状況にも。

《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2013年2月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら