[本日の注目個別銘柄]東芝機、日電硝、ラオックスなど

東芝機 3350 -355急反落。前日は、旧村上ファンド系からTOBを実施する通告を受けたとの発表で急伸。将来的な株主還元策拡充期待や目先の需給思惑の強まりにつながった。一方、前日には旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンスがTOBを実施すると発表、TOB価格3456円で発行済み株数44%の取得を目指すという。前日終値からは7%低い水準で、本日は思惑買いの反動が優勢になった。買収防衛策の行方なども見極め材料に。

アゼアス 1074 +150ストップ高。新型ウイルス関連として上値追いの動きが継続した。中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスについて、中国政府の専門家は、人から人への感染を確認したと明言し、今後の感染の広がりに対する懸念があらためて強まる状況。同社のほか、川本産業がストップ高買い気配、日本エアーテックや日本アビオニクス、マナックなどが値を飛ばす展開になっている。

シンシア 762 +76急伸。前日に19年12月期業績予想の修正を発表している。営業利益は従来予想の0.65億円から1.54億円に上方修正、売上高は下振れるものの、販管費圧縮などのコスト削減効果が収益上振れの背景に。期末配当金も従来計画の2円から4円に引き上げると発表している。また、新たに導入する株主優待の内容も発表、200株以上保有の株主を対象に、同社ブランド商品の割引券を贈呈する。

神戸物産 4270 +0伸び悩み。SMBC日興証券では投資判断を新規に「1」、目標株価を4900円と設定した。節約志向の高まりと人手不足は追い風であり、フランチャイジーの出店により自ら稼働率も上げられる、M&Aによる成長が期待できる加工食品メーカーとして、高評価している。ただ、昨年来の高値を更新しており、高値警戒感も広がっていただけに、次第に売り圧力が強まる形に。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。