[本日の注目個別銘柄]ソフトバンクG、丸紅、TDKなど

ソフトバンクG 3778 -392急反落。ムーディーズでは同社の発行体格付けを「Ba1」から「Ba3」に2段階引き下げ、さらに格下げ方向で見直すと発表している。最大4.5兆円の保有資産売却を受け、保有資産が割安な価格で現金化されること、残った投資先の価値が低下する恐れがあることなどを背景としているもよう。同社では格下げを不服として、依頼していた発行体と外貨建て債券に対する格付けを取り下げることを決定している。

丸紅 550.1 -73.5急反落。前日に業績予想の下方修正を発表、純損益は従来予想の2000億円の黒字から1900億円の赤字に減額。石油・ガス開発事業や米穀物事業などを中心とした減損損失3700億円を計上することが主因。減損幅は想定以上との見方が強いもよう。また、今期配当金は据え置きとしているが、来期の実態純利益は1800億円程度の見通しとしていることで、来期減配の可能性なども台頭しているもよう。

TDK 8170 -780急反落。前日に業績予想の下方修正を発表、営業利益は従来予想の1200億円から950億円、前期比11.9%減益に減額している。中国工場の操業度の低下が影響したほか、175億円の減損損失を計上する。下方修正に対する懸念は織り込まれていたとみられ、サプライズは限定的とみられるが、欧米ロックダウンの影響などが21年3月期に顕在化する公算であり、本日は地合いの悪化も加わり、短期的な戻り売りが優勢に。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事

「ソフトバンク + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日の経済記事

キーワード一覧

  1. ソフトバンク 株価

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。