[本日の注目個別銘柄]富士フイルム、カシオ計、ヤマトHDなど

       
富士フイルム 4808 -137大幅続落。先週末に20年3月期決算を発表、営業益は1866億円で前期比11.1%減、新型コロナによるマイナス影響260億円などで、2200億円の従来計画を下回った。今期業績見通し、並びに、当初予定されていた中期経営計画の発表は先送り。ポジティブインパクトは乏しく、信用買い方などの手仕舞い売りが優勢に。アビガンの治験終了は6月末をメドとし、生産能力は7月に10万人分、9月に30万人分と説明した。



リログループ 2228 -218急落。先週末に20年3月期決算を発表、営業利益は179億円で前期比横ばい、従来計画の202億円は大きく下回った。第3四半期までの状況、その後の新型コロナ感染拡大の影響から、想定の範囲以内とは捉えられる。一方、21年2月期は98億円で同45.2%の大幅減益見通し。宿泊需要の減少、北米ロックダウンによる海外子会社の落ち込みなど、人の移動制限の影響が色濃く反映され、事業環境の厳しさを再認識へ。



板硝子 375 -6続落。先週末に20年3月期の決算を発表、営業利益は212億円で前期比42.5%減益、第3四半期決算時に下方修正した水準での着地となった。最終損益は、設備の減損計上などによって、従来見通し30億円の赤字に対して189億円の赤字と下振れ。21年3月期ガイダンスは非開示としているが、稼働率の大幅な低下によって、4月の単月売上高は前年同月比52%の減少となっているもようだ。
Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。