[本日の注目個別銘柄]日本電産、国際帝石、富士通ゼネなど

日本電産 8222 +374大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は281億円で前年同期比1.7%増益、180億円程度の市場予想を大きく上回っている。上半期の会社計画550億円に対する進捗率も51%と順調。精密小型モーターや車載などが想定以上に好調だったもよう。据え置きの通期計画1250億円、前期比14.6%増にも上振れ期待が高まりつつあるようだ。また、EVトラクションモーターも顧客の増加が確認されている。

富士通ゼ 2650 +96大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は39.6億円で前年同期比55.3%増益、売上高は減少したものの、原価低減や経費削減、為替プラス影響などが増益要因になっている。上半期計画は従来の30億円から45億円に増額修正しているが、第1四半期の高い進捗や在宅時間増加による空調機需要の増加期待もあり、さらなる上振れ余地は大きいとの見方にも。

日医工 1277 +39大幅続伸。厚生労働省が抗炎症薬「デキサメタゾン」を新型コロナウイルス感染症の治療薬として認定と報じられている。5月に承認された「レムデシビル」に続き、国内で2例目の正式なコロナ治療薬となる。すでに保険適用されており、同社は後発薬を製造している。審査や承認が不要ですぐに使え、コロナ患者に使う場合の治療費は公費で補助するようだ。正式に治療薬として認定されたことで、今後の需要拡大が想定される展開に。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク