[本日の注目個別銘柄]JPHD、キーパー技研、北越コーポなど

日東電 9840 +430大幅反発。SMBC日興証券では投資判断を「3」から「2」に格上げ、目標株価も8600円から10200円に引き上げている。核酸医薬関連での投資加速により、ライフサイエンス事業の成長確度が高まったと判断しているもよう。また、年初来の株価パフォーマンスは化学・繊維セクターにおいてアンダーパフォームしており、相対的な割高感も解消されたと考えているようだ。

キーパー技研 2200 -239大幅続落で下落率トップ。前日に発表した3月の月次動向が売り材料視されているもよう。キーパーラボ運営事業の3月既存店売上高は前年同月比29.5%増となっている。来店台数が同10.8%増加したほか、平均単価も同16.9%上昇。11カ月連続での2ケタ成長となったが、1月、2月と4割強の増加になっていたことで、増加率は鈍化する形になっている。期待感も高まっていたことで、利食い売りの契機となる状況に。

北越コーポ 558 +44大幅反発。香港の投資ファンドであるオアシス・マネジメントが新たに5.28%を保有する大株主になったことが、前日の大量保有報告書で明らかになっている。保有目的として、ポートフォリオ投資および重要提案行為を挙げている。アクティビストファンドとして知られており、アルプス電気とアルパインの経営統合や東京ドームとの対立姿勢などでも話題となった。思惑先行の展開へとつながっているようだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク