JASDAQ平均は反発、東証1部こう着感強まり幕間つなぎの物色向かう

[JASDAQ市況]

JASDAQ平均 3,956.39 +18.76/出来高 6500万株/売買代金 552億円
J-Stock Index 3,961.72 +39.59

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20はそろって反発した。値上がり銘柄数は316(スタンダード301、グロース15)、値下り銘柄数は265(スタンダード250、グロース15)、変わらずは、73(スタンダード69、グロース4)。
 本日のJASDAQ市場は堅調な展開となった。前週末11日の米株式市場でのNYダウは13.36ドル高(+0.04%)と小幅続伸。金融緩和の継続期待などを背景に上昇して始まるも、翌週に連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、様子見姿勢も強まり、高値圏での利益確定売りに押された。一方、長期金利が安定して推移していることが追い風となり、ナスダックは続伸した。前週の堅調な米株式市場を背景に、本日の日経JASDAQ平均は反発してスタート。その後も大引けまでじり高基調が続き、終日堅調な展開となった。週後半にかけて、FOMCやパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見を控えているなか、本日の東証1部では買い一巡後はこう着感の強い展開となり、幕間つなぎの物色が新興市場に向かった。米長期金利が落ち着きを見せていることで、グロース(成長)株が主体のマザーズ市場中心の展開だったが、個人投資家心理の改善からJASDAQ市場にも買い気が波及したようだ。日経JASDAQ平均は5月分の下落を取り戻し、4月19日の高値3965.11に迫っている。FOMCを波乱なく通過できれば、4月高値の更新が期待できそうだ。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク