JASDAQ平均は反落、決算受けた個別株物色中心

[JASDAQ市況]

JASDAQ平均 3,990.18 -11.31/出来高 7018万株/売買代金 489億円
J-Stock Index 3,988.04 -42.56

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20は反落、J-Stock Indexは続落した。値上がり銘柄数は244(スタンダード228、グロース16)、値下り銘柄数は319(スタンダード301、グロース18)、変わらずは66(スタンダード63、グロース3)。
 本日のJASDAQ市場は軟調な展開となった。26日の米株式市場のダウ平均は小幅ながらS&P500指数と揃って連日で史上最高値を更新。良好な企業決算や10月消費者信頼感指数の改善が相場を押し上げた。ナスダック総合指数もフェイスブックが全体の重しとなるも、エヌビディアの急伸なども支えに小幅続伸となった。ハイテク株高となった米株市場を横目に、JASDAQ平均は反落してスタート。日経平均が前日の急伸の反動で売り優勢となり、上海株・香港株が軟調なこともあって、じりじりと下げ幅を拡げると、JASDAQ平均も連れ安に。引けにかけて下げ幅を縮小したが終日マイナス圏での推移となった。米大手ハイテク企業の決算が良好であることは投資家心理の下支えとなった。ただ、国内でも決算シーズンが本格化しはじめ、決算を受けた個別株物色を除いては積極的な売買も手控えられたことから、指数は弱含んだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク