JASDAQ平均は反発、個別株に物色向かう

[JASDAQ市況]

JASDAQ平均 4,017.78 +6.05/出来高 7526万株/売買代金 665億円
J-Stock Index 4,039.37 +13.66

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は反発、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20はそろって続伸した。値上がり銘柄数は310(スタンダード289、グロース21)、値下り銘柄数は268(スタンダード255、グロース13)、変わらずは61(スタンダード58、グロース3)。
 本日のJASDAQ市場は下落後プラス圏に浮上する展開となった。前週末19日の米株式市場のダウ平均は続落。オーストリアや欧州で新型コロナが再流行、米国でも一部地域で感染件数の増加が見られ世界経済の回復を遅らせるとの懸念が広がった。一方、長期金利の低下でハイテク株は好調で、ナスダック総合指数は連日で史上最高値を更新した。まちまちとなった米株市場を横目に、JASDAQ平均は下落してスタート。ただ、日経平均が売り一巡後に下げ渋り前引けまで下げ幅を縮める動きを見せると、JASDAQ平均も連れ高となりプラス圏に浮上した。その後は一時上げ幅を縮小するも再度買いが広がりプラス圏での推移となった。長期金利の低下を背景に米ハイテク株は好調で、前週後半に軟調に推移していたマザーズ銘柄に押し目買いが集まり、JASDAQ市場にも買い気が波及した。指数寄与度の高い時価総額上位銘柄が大きく値を崩さず、代表銘柄で構成されるJASDAQ-TOP20が0.87%高と上昇をけん引、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が連日で史上最高値を更新したことを背景に半導体関連株にも物色が向かっていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「株式」に関する記事

「株式」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「株式」の記事

次に読みたい「株式」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク