[JASDAQ市況]JASDAQ平均は小反発、時価総額上位の反発が目立つ

*16:50JST JASDAQ平均は小反発、時価総額上位の反発が目立つ
[JASDAQ市況]

JASDAQ平均 3834.05 +14.69/出来高 3億4712万株/売買代金 723億円J-Stock Index 4065.93 +45.86


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は小反発、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはそろって反発となった。値上がり銘柄数は385(スタンダード366、グロース19)、値下り銘柄数は231(スタンダード216、グロース15)、変わらずは58(スタンダード56、グロース2)。
 本日のJASDAQ市場は、米国市場が大幅上昇し、マザーズ先物が上昇してスタートしたことで、個人投資家のリスクセンチメントが改善し、JASDAQ平均は反発してスタートした。寄り付き後は、時価総額上位の出前館やユニバーサルエンターテインメントが堅調に推移し相場を下支えしたことでJASDAQ平均は底堅い値動きで推移し、本日の高値圏で取引を終了した。昨日に下落したJASDAQ-TOP20を中心に上昇が目立ったが、セリアなど一部の巣籠り銘柄が伸び悩んだことから、上値は限定的となった。
 個別では、1対2株の株式分割を発表したヨシタケは流動性の改善が好感され22%を超える上昇となった。また、1対5株の株式分割を発表したニチリョクは需給改善が期待され4%を超える上昇となった。そのほか、アジアゲート、前田製作所、東和ハイシステムが高い。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。