[Miniトピック]リスク回避的な取引再拡大の可能性残る

*14:19JST リスク回避的な取引再拡大の可能性残る
 4日のニューヨーク市場では、トランプ米大統領が中国との通商協議について「協議は極めて順調に進捗している。どうなるか様子を見たい」と述べたことから、米国株式は反発し、米長期金利は上昇した。3日時点でトランプ大統領は「中国との通商交渉合意に期限はない」、「来年11月の大統領選挙後まで待った方が良いかもしれない」と述べており、米中通商協議の停滞に対する警戒感が広がっていた。

 市場関係者の間からは「第1段階の合意に盛り込む関税撤廃の規模で米中両国は協議を続けているが、追加関税の発動が回避されることが決まったわけではない」との声が聞かれている。米中対立の長期化に対する市場の警戒感は消えていないことから、リスク回避的な取引が再び拡大する可能性は残されているとみられる。
《MK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。