[Miniトピック]各国の思惑は?OPECプラス日量970万バレルの協調減産で合意

*10:30JST 各国の思惑は?OPECプラス日量970万バレルの協調減産で合意
2020年4月9日、石油輸出機構(OPEC)とOPEC非加盟主要産油国で構成する「OPECプラス」は、記録的な減産で暫定合意した(Bloomberg4月10日)。その合意内容は、5月と6月に日量1,000万バレルを減産するというものである。メキシコの未承認により合意に至っていなかったOPECプラスは、4月13日再び緊急テレビを開き、協調規模を日量970万バレル減産で最終合意した(ロイター4月13日)。

サウジアラビアとロシアはそれぞれ減産量を日量250万バレルとし、その他のOPECプラス参加国は、23%の生産削減を行う。7月からはOPECプラスとして日量800万バレルまで減産量を緩和し、21年1月から22年4月まではさらに日量600万バレルまでの減産量を減らすという合意であった。

OPECプラスの減産合意量は、金融危機時の2008年に決定した減産量の4倍の規模となる。日量970万バレルは、世界の供給の約10%に相当するが、新型コロナウイルス感染拡大で失われた石油需要の落ち込みは、日量3,000万バレルに上るともみられており、今回の協調減産で、即座に原油相場の上昇は限定的なものになると想定されている。

メキシコは、現在の日量約175万バレルの生産の23%である日量40万バレルの減産割当に強く反発し、合意を未承認のまま会合を退席してしまい、この暫定合意が未成立の状況となってしまった。メキシコの減産量の一部を米国が肩代わりするというトランプ大統領の申し出に応じるということで最終的に協調減産合意に至っている。世界最大の産油国である米国、2位、3位のサウジアラビア、ロシアの思惑は、以下のように整理できるだろう。

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。