4月4日−8日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。

■5日(火)午後9時30分発表予定
○(米)2月貿易収支-予想は-889億ドル
参考となる1月実績は-897億ドル。輸入の増加によって赤字幅は市場予想を上回り、一段と拡大した。2月については輸出額が急増する可能性は低いとみられており、輸入に対する需要が依然として堅調であることから、貿易赤字額は1月実績に近い水準となる可能性がある。

■5日(火)午後11時発表予定
○(米)3月ISM非製造業景況指数-予想は58.3
参考となる2月実績は56.5で1月実績を下回った。新型コロナウイルスの冬場の感染再拡大の影響が消えていなかったようだ。3月についてはロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響が表面化するが、雇用情勢の改善、サプライチェーン(供給網)の逼迫は解消されつつあること、受注残は高水準を維持していることから、2月実績を上回る可能性がある。

■7日(木)午後6時発表予定
○(欧)2月ユーロ圏小売売上高-1月実績は前月比+0.2%
参考となる1月実績は前月比+0.2%の小幅な伸びにとどまった。インフレ進行の影響が出ているようだ。ネット通販も低調だった。2月については、高インフレの影響が引き続き残ること、食品や飲料の販売は伸び悩んでいることから、売上高の伸びは1月実績を下回る可能性がある。

■8日(金)午前8時50分発表予定
○(日)2月経常収支-予想は+1兆4885億円