[注目トピックス 経済総合]米雇用環境の急速な改善は期待薄だが・・・I

*08:56JST 米雇用環境の急速な改善は期待薄だが・・・I
セントルイス連銀のブラード総裁はインフレ率について、FRBの2%目標をかなり下回っていると指摘した。ただし、インフレ抑制は一時的であり、将来的には2%水準に向けて上昇していく可能性はあると指摘した。ブラード総裁は、生産や消費が弱くなることは当面ないと予想しているが、米国の雇用環境が短期間で驚くほど改善することはないと考えている。市場参加者の間では、景気回復のペースが一段と速まることはないとの見方が多いようだが、量的緩和策の段階的な縮小を妨げるような状況にはならないと予想されている。




《FA》
Fiscoの記事をもっと見る 2013年8月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。