[注目トピックス 経済総合]日米の注目経済指標:米雇用統計、米ISM製造業景況指数など重要指標に注目

*16:59JST 日米の注目経済指標:米雇用統計、米ISM製造業景況指数など重要指標に注目
9月2日-6日に発表される主要経済指標のポイントは次の通り。

■3日(火)日本時間午後11時発表
○(米)8月ISM製造業景況指数− 予想は、54.0
先行性のある同指標内訳の7月「新規受注DI」は58.3←6月51.9と拡大。既公表の8月の各地区連銀指数は、NYとフィラデルフィアが低下、カンザスシティは小幅改善となった。新規受注DIの大幅拡大を考慮すると、上振れ余地がある。

■4日(水)日本時間午後9時30分発表
○(米)7月貿易収支− 予想は、-387億ドル
7月ISM製造業の内訳「輸出受注」DIは53.5←6月54.5、「輸入」DIは57.5←同56.0で、輸出低下・輸入上昇となったため、貿易赤字の拡大要因。7月の原油価格は上昇しており、赤字拡大要因。市場予想はおおむね妥当か。

■5日(木)日本時間午後11時発表
○(米)8月ISM非製造業景況指数− 予想は、55.0
同指標の7月内訳で、先行性のある「新規受注」DIは57.7←6月50.8と大幅上昇となっている。また、「在庫」DIはやや低下、「受注残」DIは6月52.5から7月は46.5に低下した。新規受注の増加を考慮するとコンセンサスは妥当か。

■6日(金)日本時間午後9時30分発表
○(米)8月雇用統計− 予想は、非農業部門雇用者数は、前月比+18.0万人、失業率は7.4%
調査対象期間の8/12を含む週の新規失業保険申請件数は32.2万件で7月の36.0万件を下回っている。失業保険受給総数は若干減少。他の雇用関連指標の発表を待つ必要があるが、非農業部門雇用者数は、7月+16.2万人を上回る可能性がある。


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月31日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。