[注目トピックス 経済総合]政治から読み解く【経済と日本株】民主・長島議員:法案の存立危機事態概念は自国防衛目的から外れる可能性あり

*19:20JST 政治から読み解く【経済と日本株】民主・長島議員:法案の存立危機事態概念は自国防衛目的から外れる可能性あり
民主党の長島議員は「私は自国防衛に引きつけて集団的自衛権の限定行使の道を探った閣議決定はギリギリ合憲といえるが、ホルムズなどを典型事例で持ち出して来た法案の存立危機事態概念は自国防衛目的から外れる可能性あり、違憲の疑いを払拭できないと言ってるのですが。」とツイート(9/29)。

長島議員ですら、「法案の存立危機事態概念は自国防衛目的から外れる可能性あり、違憲の疑いを払拭できない」と指摘している。大変慎重な言い回しだが、安保関連法案には、他にも問題点や違憲の疑いが強い箇所がいくつかある。安全保障について自民に近い考えを持つ民主党議員は他にもいるが、彼らでも容認できない法案であることが確認されたことになる。29日の東京株式市場は大幅安となったが、国内政治の流動化リスクを織り込みつつあるのかもしれない。


《MK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。