[注目トピックス 経済総合]NAFTA第5回交渉で決裂すればメキシコペソが更に下落の可能性も サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

*19:16JST NAFTA第5回交渉で決裂すればメキシコペソが更に下落の可能性も サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。2017年10月30日から、くりっく365で取引ができるようになり、一気に身近な通貨となったメキシコペソ。金利が高いのも魅力の通貨、メキシコペソについて今日はお伝えします。

アメリカ・カナダ・メキシコ間で行われたNAFTAの再交渉では大きな進展がなく、アメリカが保護主義的な通商政策を打ち出す可能性などからペソは下落しています。レポートでは、『米国とカナダとメキシコは、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で目指していた年内妥結を断念したことを、10月17日の第4回会合閉幕後に明らかにしました』と伝えています。

さらに、『この会合で米通商代表部は、自動車のゼロ関税適用条件を定める「原産地規則」で米国製部品50%以上の利用を求める案を提示し、「アメリカ・ファースト」の姿勢を示しました。会合後にカナダのフリーランド外相は「米国と深刻な見解の相違がある」と述べており、米国の歩み寄る姿勢が全く見えなかったようです』と詳しく分析しています。

そして、『NAFTA再交渉が行き詰ってきたことを受けてメキシコペソ売りが進んだようです』と結論づけています。

加えてレポートでは、『格付け会社のS&Pは10月24日、北米自由貿易協定NAFTAが実質的に撤廃されれば、現在「BBB+」のメキシコのソブリン格付けを見直す方針を表明しました』と伝えており、『NAFTA再交渉を経てメキシコと米国間の通商・投資の流れが維持できなければ、格下げが実施されることになります』と考察しています。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2017年11月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら