[注目トピックス 経済総合]ゼロからわかる先物・オプション取引入門(12)金融緩和が続く中、円を持ち続けるのは得策なのか?(三井智映子)

*19:32JST ゼロからわかる先物・オプション取引入門(12)金融緩和が続く中、円を持ち続けるのは得策なのか?(三井智映子)
こんにちは。フィスコマーケットレポーターの三井智映子です。皆さんは「金融緩和」ってご存知ですか?ニュースで耳にされたことがある方も多いと思いますが、今回は「金融緩和」についてお伝えします。

〇金融緩和とは?

金融緩和とは国債を買いあげたり政策金利を引き下げたりし、通貨供給量を増やすことで資金調達を容易にするという政策です。これまでアメリカは大規模な金融緩和政策をとっていました。アメリカが金融緩和を行うとドルの供給量が増加します。供給量が増えれば相対的にドルの魅力が減りますよね。こうした背景から、今まではドル安円高傾向にあったので、円のままタンス預金をするだけでも対ドルベースでは資産が増えていたわけです。

現在アメリカは利上げに転じており、日本が金融緩和をしている状態です。金利が相対的に高いドルの需要が高まる一方で円の供給量は増えているので、世界的に見ると円安、つまり円の価値が下がる方向に動く…というのが教科書的な流れです。実際に今までは日米の金利差とドル円のチャートは似たような動きをしている印象があったかと思います。

しかし、今年に入ってからアメリカではインフレ懸念などがありドル高とはなっておらず、日米の金利差とドル円のチャートが反する動きとなっている転換期となっています。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年3月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。