[注目トピックス 経済総合]反腐敗が失速? 中国問題専門家:江沢民の逮捕が急務

*18:07JST 反腐敗が失速? 中国問題専門家:江沢民の逮捕が急務

中国政府系メディアが19日、約19日ぶりに習近平国家主席の動静を報じた。国営中央テレビ(CCTV)は当日夜7時のニュース番組で、習主席が17日から19日の日程で開催された党中央軍事員会の会議に出席したと、11分間にわたって詳しく報道した。

国営新華社通信は同日、同会議における習主席のスピーチ全文を掲載した。習氏は「軍に対する党の絶対的指導を堅持する」と強調した。軍の汚職摘発に触れたのはスピーチの終盤で1回のみだった。近年、大々的に展開してきた反腐敗キャンペーンは勢いを失った印象を受けた。

一方、その前日、劉少奇・元国家主席の息子、元将校の劉源氏(上将)も国内メディアに対して軍での反腐敗運動について述べた。

劉源氏は、軍内の習近平派と知られている。習近平氏が推し進める反腐敗運動で、劉源氏は軍での汚職摘発に協力した。軍高官の谷俊山氏、郭伯雄氏、徐才厚氏の腐敗問題を告発したのは劉氏だと報じられていた。同氏は15年12月、軍の総後勤部政治委員から引退した。

中国紙・新京報が19日、微信公式アカウント「政事児」で劉氏へのインタビュー記事を掲載した。これによると、劉氏は12年11月の党大会前、総後勤部の谷俊山・副部長(中将階級)の汚職問題を当局に告発した後、谷の後ろ盾である徐才厚党中央軍事委員会副主席(当時)に「つぶすぞ」と脅迫されたと明かした。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年8月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら