[注目トピックス 経済総合]緊急事態宣言と株式市場閉鎖の可能性【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

*18:00JST 緊急事態宣言と株式市場閉鎖の可能性【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
日本でも緊急事態宣言のタイミングが刻々と迫っているとの印象が強まっており、株式市場が閉鎖される可能性も意識されるようになった。フィリピン証券取引所は3月17~18日に休場を決定した。もっとも、現時点では「取引継続」の公算が大きいだろう。3月31日、日本取引所グループCEOは、ロックダウンが発令されたり緊急事態宣言が出されたりする事態となっても「取引所は原則、通常通り運営する方針」と言及した。4月3日、東京都知事も、政府が緊急事態宣言を発令した場合でも、銀行や証券取引所をはじめとする金融サービスなどは「必要な衛生管理などを確保の上で引き続き営業していただく」と述べている。

金融商品取引法では、市場の売買が「公的または投資家保護に有害」と判断される場合には、内閣総理大臣の判断で売買停止が可能とされる。東証のコンティンジェンシー・プランでは、「災害やテロ等で当社役職員が避難をすることが必要な場合など業務継続が困難となり、有価証券等の売買監理が不十分になると当社が判断した場合」には、売買を停止する措置をとるとしている。

東京証券取引上が過去1日超にわたって閉鎖されたのは、かなり昔に遡る。1945年8月10日、原子爆弾投下との情報を受けて市場は停止し、1949年の取引再開まで、3年9ヵ月の間閉鎖が続いた。1923年9月1日には関東大震災で東京株式取引所の建物が全焼し、株式の現物取引再開は10月27日からであった。1920年3月15日には大暴落を理由に、2日間立会が停止された。システム障害等を理由として、何度か取引が停止されたことがあったが、基本的には1日以内に復旧している。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。